docomoのポケットWifiのメリットとデメリット

docomoにポケットWiFiがあることをご存知だろうか?正確にはデータ通信サービスと呼ばれるものである。タブレットとモバイルWiFiルーターを取り扱っているため、データ通信サービスと呼ばれているようだ。

docomoと聞くと、エリアが広い・速いというプラスのイメージ、また逆に料金が高いというマイナスなイメージが湧いてくるのではないだろうか?あながち間違いではない。

そこで、今回はdocomoのポケットWiFiのメリットとデメリットについてあらためて整理したい。

docomoのWiFiとポケットWiFiは異なる

docomoのwifiとは?

docomoのwifiとは、一見するとモバイルWiFiルーターのサービスのように聞こえるが実は違うのではじめに解説しておこう。docomo Wi-Fiはdocomoが提供するWi-Fiスポットを利用できる月額300円サービスだ。docomoは最近でこそ、6000円で20GBのサービスの提供を開始したが、依然としてパケット量に対する単価が高い。

これらを最小限に抑えるためには、

  • Wi-Fiスポットを利用する
  • 無制限のモバイルWiFiルーターを利用する

といった対策が必要になる。

このdocomoのWi-FiはこのWi-Fiスポットを利用する方法に相当する。なお通常は月額300円であるが永年無料のキャンペーンを行っているため、「とりあえず」申し込んでみる価値はあるだろう。

無制限のモバイルWiFiルーターを利用する方法とは?

無制限のモバイルWiFiルーターを利用する方法は限られている。もちろんdocomoのWiFiルーターを利用してもよいのであるが、さきほど述べたとおり、docomo自身は定量性のプランしか用意していない。そこで、UQWiMAXを利用することになる。UQWiMAXのWiMAX2+は月間データ量は無制限である。

エリア的にはdocomoのLTEに到底およばないが、都市部では十分に使えるようだ。LTEの利用を最小限に抑えつつ、大量のデータ通信を行うにあたっては相性はとてもよい。なお、今月最もやすいキャンペーンはGMOとくとくBBのプランであり月額2,699円からあるようだ。

WiMAXのキャンペーンを比較するにあたり、こちらのサイト(やさしいWiMAXキャンペーン比較|おすすめなワイマックス)を参考にさせていただいた。WiMAXのキャンペーンは春先と秋口に強化されるようだ。当該サイトによれば毎月内容が変わるため、一度参考にしてみるとよいだろう。解説がやさしいので特に初心者の方におすすめである。

docomoのWiFiとポケットWiFi<とは?

PREMIUM 4G

docomoのポケットWiFiのメインストリームはPREMIUM 4Gの回線からなる。これは元々LTEの回線を束ねたもので、この春には下り最大682Mbpsにまで到達する予定だ。現状は下り最大370Mbpsであり、WiMAX2+の下り最大440Mbpsには及ばないが、一気に500Mbpsを超えることで最速になるに違いない。無論、WiMAX2+が440Mbpsにau 4G LTEを束ねた300Mbpsで740Mbpsの機種を投入してくる可能性はあるが、最近WX03を発売したばかりであるため、もう少し先になるだろう。

気になるのは最近影を潜めているsoftbankである。プラチナバンドをゲットしたのだから、もう少しポケットWiFiに力を入れてもよいと思う。

docomoのポケットWiFiのメリットとデメリット

ここで、docomoのポケットWiFiのメリットとデメリットをまとめると、やはりLTEを用いた高速回線がメリットだと考える。デメリットは料金プランだ。その点は、無料の高速データ通信サービスを併用することでカバーしたいものだ。