月別アーカイブ: 2016年12月

docomoのポケットWifiのメリットとデメリット

docomoにポケットWiFiがあることをご存知だろうか?正確にはデータ通信サービスと呼ばれるものである。タブレットとモバイルWiFiルーターを取り扱っているため、データ通信サービスと呼ばれているようだ。

docomoと聞くと、エリアが広い・速いというプラスのイメージ、また逆に料金が高いというマイナスなイメージが湧いてくるのではないだろうか?あながち間違いではない。

そこで、今回はdocomoのポケットWiFiのメリットとデメリットについてあらためて整理したい。

docomoのWiFiとポケットWiFiは異なる

docomoのwifiとは?

docomoのwifiとは、一見するとモバイルWiFiルーターのサービスのように聞こえるが実は違うのではじめに解説しておこう。docomo Wi-Fiはdocomoが提供するWi-Fiスポットを利用できる月額300円サービスだ。docomoは最近でこそ、6000円で20GBのサービスの提供を開始したが、依然としてパケット量に対する単価が高い。

これらを最小限に抑えるためには、

  • Wi-Fiスポットを利用する
  • 無制限のモバイルWiFiルーターを利用する

といった対策が必要になる。

このdocomoのWi-FiはこのWi-Fiスポットを利用する方法に相当する。なお通常は月額300円であるが永年無料のキャンペーンを行っているため、「とりあえず」申し込んでみる価値はあるだろう。

無制限のモバイルWiFiルーターを利用する方法とは?

無制限のモバイルWiFiルーターを利用する方法は限られている。もちろんdocomoのWiFiルーターを利用してもよいのであるが、さきほど述べたとおり、docomo自身は定量性のプランしか用意していない。そこで、UQWiMAXを利用することになる。UQWiMAXのWiMAX2+は月間データ量は無制限である。

エリア的にはdocomoのLTEに到底およばないが、都市部では十分に使えるようだ。LTEの利用を最小限に抑えつつ、大量のデータ通信を行うにあたっては相性はとてもよい。なお、今月最もやすいキャンペーンはGMOとくとくBBのプランであり月額2,699円からあるようだ。

WiMAXのキャンペーンを比較するにあたり、こちらのサイト(やさしいWiMAXキャンペーン比較|おすすめなワイマックス)を参考にさせていただいた。WiMAXのキャンペーンは春先と秋口に強化されるようだ。当該サイトによれば毎月内容が変わるため、一度参考にしてみるとよいだろう。解説がやさしいので特に初心者の方におすすめである。

docomoのWiFiとポケットWiFi<とは?

PREMIUM 4G

docomoのポケットWiFiのメインストリームはPREMIUM 4Gの回線からなる。これは元々LTEの回線を束ねたもので、この春には下り最大682Mbpsにまで到達する予定だ。現状は下り最大370Mbpsであり、WiMAX2+の下り最大440Mbpsには及ばないが、一気に500Mbpsを超えることで最速になるに違いない。無論、WiMAX2+が440Mbpsにau 4G LTEを束ねた300Mbpsで740Mbpsの機種を投入してくる可能性はあるが、最近WX03を発売したばかりであるため、もう少し先になるだろう。

気になるのは最近影を潜めているsoftbankである。プラチナバンドをゲットしたのだから、もう少しポケットWiFiに力を入れてもよいと思う。

docomoのポケットWiFiのメリットとデメリット

ここで、docomoのポケットWiFiのメリットとデメリットをまとめると、やはりLTEを用いた高速回線がメリットだと考える。デメリットは料金プランだ。その点は、無料の高速データ通信サービスを併用することでカバーしたいものだ。

格安SIMの使い放題はどのくらい使えるのか?

格安SIMの使い放題はどれくらい使えるのか

格安SIMの利用が拡大してきているのは、新聞やニュースで取り上げられていることもあり、すでにご存じの方も多いことだろう。その背景には2015年に規制が緩和されたことがあるが、基本的に実店舗を持つことのない格安SIMのMVNOが勢力を伸ばすには時間を要したようだ。

格安SIMがスタートした当時、使い放題の格安SIMといえば、U-mobile以外はほとんどなかった。いや、音声通話の機能を持たないデータ通信に特化したSIMであれば、あるにはあったのだが速度的にも500Kbpsや128Kbpsといった低速であったため話題になることはなかった。

ここで一度、現状の格安SIMの使い放題について整理したいと思う。

格安SIMの使い放題の種類とは?

ひと言で使い放題といっても、格安SIMの使い放題には速度、エリア、サービスの違いがある。

完全使い放題

文字通り完全使い放題の格安SIMである。ただし、速度には大きな違いがある。

U-mobile/h4>
導入でも少し触れたが、U-mobileは依然として使い放題の格安SIMとしての存在感が大きい。

  • docomoのLTE
  • 音声通話込みで2,980円

音声通話込みのデータプランだけでなく、データ通信専用プランや音楽が聴き放題となるMUSICプランといったものもある。しかし、この謳い文句だけを見れば凄い内容ではあるが、じつはLTEがかなり遅い。実際に契約してみたところ、早朝や深夜など、混雑指定無い時間帯であれば5Mbps程度は出るが、日中は1Mbpsでればよいほうだ。

モバイルデータ通信単体で勝負しているdocomoですら完全無制限ではないのだから、MVNOに過ぎないU-mobileが完全無制限を実現するにはかなり無理があるのだろう。

UQ-mobile

auの回線が使えるUQ-mobileである。U-mobileと名前が似ているので間違えないようにしたい。

  • auのLTE
  • 音声通話込みで2,680円

ポイントになるのは、まずauの回線であるということだ。格安SIMのMVNOというとdocomo回線を使ったところが圧倒的であり、auの回線を使ったところは少ない。UQ-mobileとmineoくらいなものである。

ただ、データ通信の速度はというと500Kbpsと控えめにされている。せめて安定した速度で1Mbpsがでればよいのだが、1ページあたりのデータ転送量が増えている昨今、500Kbpsでは物足りないだろう。

部分使い放題

BIGLOBE LTE

YoutubeやAmeba-TVなど、サービスを絞って使い放題になっている。なかなか面白いサービスである。動画のデータ転送量はテキストや画像に比べて圧倒的に多いのだ。

  • docomoのLTE
  • Youtube、AmebaTVはエンタメオプション月額480円

オプション形式にしている点が特に評価できるだろう。

総評

格安SIMは完全使い放題だけでなく部分使い放題の時代に突入してきた。MVNOの限られたリソースのなかでオリジナリティーあふれるサービスが出てきたことは好ましいことだ。

今後もBIGLOBE LTEのような格安SIMが出てくることを希望する。

Wi-Fi STATION N-01JとSpeed WiFi NEXT WX03の比較

現時点で最速のモバイルWiFiルーターはUQコミュニケーションズSpeed WiFi NEXT WX03である。しかし、来春にNTT docomoから発売される予定のWi-Fi STATION N-01Jの下り速度は、最大682Mbpsと驚愕の数字であり、WX03の下り最大440Mbpsと比べてじつに1.5倍以上の高速化がされる予定だ。

そこでN-01JはWX03と比べてどれくらい優れているのか?ということをレポートしたい。もちろんN-01Jは未発売ではあるので、今後、仕様変更があるかもしれないということはご了承いただきたい。

Wi-Fi STATION N-01Jのメリット

下り最大682Mbps

やはり最初に挙げるべきはその下り速度だろう。これまでモバイルデータ通信の業界はどこも1ギガを目標にして来たわけではあるが、下り最大500Mbpsの壁を最初に超えそうなのはdocomoになりそうだ。

気になる開始時点のエリアであるが、東名阪の一部の地域からのスタートとなるようである。これはすでに定着しつつあるPREMIUM 4Gがスタートしたときと変わらない。WX03も東名阪の一部の地域からのスタートとなったことから、ある意味恒例といってもよいだろう。

製造元がNECプラットフォームズ株式会社

じつはN-01Jの製造元(メーカー)はWX03と同じNECプラットフォームズである。以前はNECアクセステクニカの名称であったので、こちらの名前のほうが馴染み深い人もいるだろう。

WiMAX2+とPREMIUM 4Gでプラットフォームは異なるものの、WX03は現在WiMAX2+対応の端末のなかで人気ナンバー1であることからN-01Jのクオリティーにも問題はないと思われる。

110gで軽く、13.6mmで薄い

これまでdocomoのモバイルWiFiルーターといえば、多機能だが重いという特徴があった。たとえば昨年発売されたWi-Fi STATION HW-01Hは約170gの重さがあり、厚さは22mmであった。鞄にいれて持ち歩く範囲では、それほど気になるサイズではなかったが、ポケットに入れて持ち歩く際にはやや邪魔になるサイズであった。

それが、N-01Jにおいては、110gまで軽くなり13.6mmまで薄くなっているのだから驚きである。ここまで来ると、WiMAX2+の端末とほぼ差はない。

5Gの世界までもうすぐ!それまではN-01Jを楽しもう

ある消息筋から入手した情報によれば、5G世代の端末の製造が開始されたらしい。ついこないだまで、3.9Gだ、4Gだ騒いでいたのがウソみたいにモバイルデータ通信業界は進歩している。あなたも乗り遅れてはいけない。